【ノンタン がんばるもん】あらすじや感想を紹介!2歳の子に頑張る勇気をくれた一冊!【絵本】

【ノンタン がんばるもん】あらすじや感想を紹介!2歳の子に頑張る勇気をくれた一冊!【絵本】

こんにちは!もうすぐ3歳になる娘の母、hanaです!自分の幼少期にやたらノンタン読み返していました!

かたや娘はノンタンに出てくる顔が怖いキャラクターがダメみたいです。笑
確かにノンタンっていろんなキャラクターが登場しますが、ちょっと顔怖めなのもいますよね…。
そのため我が家にある『ノンタン いたいのとんでけ~』が未だに本棚で眠っています。

さて、そんな娘ですがノンタンは結構好きなようで、怖くないものはかなり読み込んでいるんですよ!
その中でも今回は『ノンタン がんばるもん』を紹介します!

この絵本は、注射が怖いノンタンをみんなで応援する、といった内容なのですが、ノンタンシリーズらしく楽しく描かれています。
病院嫌いなお子さんも、頑張る勇気を出せるきっかけになるかもしれませんよ!
実際我が家では病院嫌いを少し克服したきっかけになった絵本なんです!
(あ、注射はさすがに泣きます。笑)

『ノンタン がんばるもん』は何歳から読める?あらすじや感想を知りたい!

子どもの病院嫌いを少しでも和らげるきっかけが欲しい!

という人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

『ノンタン がんばるもん』作品情報

タイトル:ノンタン がんばるもん
作者:キヨノ サチコ
初版:1998年7月
出版:偕成社

ノンタンにはいくつかシリーズがあるのですが、『ノンタン がんばるもん』はその中でも”すきすきノンタン”シリーズの一冊です。
”すきすきノンタン”シリーズには、他にも『ノンタンテッテケむしむし』があります。

幼少期に読んだことがなかったなーと思っていたら、この絵本の初版1998年なんですね…。
なるほど、それなら納得でした。笑(←安定の三十路)

また、ノンタンはアニメにもなっているのはご存じでしょうか?
今回紹介している『ノンタンがんばるもん』は、『げんきげんきノンタン』という3DCGアニメになっているんですよ!
DVD化されているので、気になる人はぜひ見てくださいね!

我が家も見ましたが、娘がビックリするくらい繰り返し見てましたよ!
個人的にはノンタンの声が可愛くてキュンです。笑(←ただのオタク)

created by Rinker
¥2,097 (2022/09/29 11:15:01時点 楽天市場調べ-詳細)

『ノンタン がんばるもん』あらすじ

耳を怪我したノンタンは、急いでくまさんの病院へ向かいます。

キズを消毒してもらったら、おつぎは注射が待っていました。

注射が大嫌いなノンタンは、その場から逃げ出そうとしますが…

どんなに怖いものでも楽しく描かれているノンタンシリーズですが、『ノンタン がんばるもん』も子どもの苦手な病院を舞台に楽しく愉快に描かれていますよ!

絵本ナビで絵本の試し読みができるので、まだ読んだことがないという人は一度見てみてくださいね。

対象年齢は何歳から?

【ノンタン がんばるもん】あらすじや感想を紹介!2歳の子に頑張る勇気をくれた一冊!【絵本】

偕成社のホームページでは、『ノンタンがんばるもん』の対象年齢は4歳~と記載がありました。

ですが、わかりやすくポップに描かれているので、2歳頃~でも楽しめますよ!
実際我が家では、娘が2歳の誕生日を過ぎた頃にハマって何度も読んでいた絵本なので、対象年齢を知った時は驚いたくらいです。

ノンタンシリーズという小さなお子さんも目にしたことがある絵本なので、元々ノンタンが好き!という子であれば興味を持ちやすいのではないでしょうか。

ノンタンと一緒にがんばるもんをした娘(感想)

【ノンタン がんばるもん】あらすじや感想を紹介!2歳の子に頑張る勇気をくれた一冊!【絵本】

この絵本は、娘が2歳の時に出合いました。
ノンタン好きな子どもだった私が見たことがないものだったので、興味があって娘に読んでみようと誘ったのがきっかけでした。

読んでみると思ったより内容が長くて2歳の娘にはちょっと早いかなーと思ったのですが、かなり集中して聞いていて驚き!
ノンタンが大嫌いな注射を「がんばるもん!」と勇気を出すページでは、一緒にポーズをするお気に入りです。
特に注射のくだりが興味深かったようで、注射器が並ぶページでは誰の注射だと教えてくれるほど読み込んでいました。笑

また、『ノンタンがんばるもん』を読み聞かせ続けたある日予防接種をしたのですが、いつもは病院に着くなり泣きだす娘に「ノンタンみたいに”がんばるもん”できるかな?」と聞いたら、その気になったのか病院に入っても泣かずにいられたんです!
これには私が一番びっくりしました。笑
まだ2歳だから影響を受けやすいのだと思いますが、それにしてもノンタンありがとう…!
とはいえ注射なので結局泣いてしまったのですが、以降病院に入るだけでは泣かなくなり(ドキドキしているようでぴったりくっついてますが…)、ノンタンのように頑張るもんと意気込んで病院に行くようになりました。

『ノンタンがんばるもん』は、子どもが苦手になりがちな病院と注射をテーマにして、苦手に立ち向かう姿を楽しく描いています。
小さい子って予防接種や流行り風邪にかかりやすいのもあって、病院でいい思いをすることが少ないですよね。
注射や診察、薬等…いくら通っていても怖いと思う瞬間は多いんだと思います。
この絵本はそんな苦手な事でも、絵本を通して頑張るノンタンの姿を見て勇気をもらえる内容なので、娘のような病院嫌いな子にはぜひオススメの絵本ですよ!

ちなみに我が家では、しばらくは病院以外でも「ノンタンみたいに頑張るもんできるかな?」と言って乗り越えてもらっていました。笑

おわりに

今回は、大人気ノンタンシリーズより『ノンタン がんばるもん』を紹介しました!

ノンタンシリーズの中でもちょっと内容が長い絵本ですが、対象年齢に達していなくても楽しく読めますよ!

ぜひ一度読んみて、ノンタンの頑張る勇気もらってくださいね!


◎他の記事はこちら◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA