パオちゃんのうんどうかい の対象年齢は何歳?あらすじや読んだ子供の反応は?【絵本】

パオちゃんのうんどうかい の対象年齢は何歳?あらすじや読んだ子供の感想は?【えほん】

運動会は小さな子にとって楽しいイベントの一つですね。
うちの2歳半の娘はまだ運動会を経験していませんが、以前支援センターの運動会ごっこで大はしゃぎしたくらい楽しいイベントでした!

今回はパオちゃんシリーズの中でも、運動会をテーマにした『パオちゃんのうんどうかい』をご紹介します!
あらすじや作品の紹介のほかに子供に読んだ時の反応や感想も書きますので、ぜひ参考にしてみてください !

パオちゃんのうんどうかい 作品情報とあらすじ

作品情報

タイトル:パオちゃんのうんどうかい
作者:なかがわ みちこ
初版:2008年4月
出版:PHP研究所

対象年齢は3・4歳頃~

調べたところ、パオちゃんシリーズの中でも新しいお話のようです。(2021年2月現在)
なかがわさんは、仲川道子さんという名前で『10ぴきのかえる』の絵を描かれています。
個人的に『10ぴきのかえる』の方がなじみ深かったので、パオちゃんシリーズを知った時ビックリしました。笑

10ぴきのかえるうみへいく (PHPにこにこえほん) [ 間所ひさこ ]

価格:1,320円
(2021/3/24 22:18時点)

あらすじ

パンパカパーン!
パオちゃんたちは町の運動会へやってきました。
どの競技も一生懸命頑張って参加しています。
さぁ、今度は大玉転がし。
パオちゃんたちはゴールを目指してスタートしますが…

パオちゃんのうんどうかい 2歳半の娘に読んでみた

大好きなパオちゃんシリーズということで、見つけた瞬間「これにする!」と言ってきた娘。
早速読んでみたら、あっという間に運動会気分になっていました。

ゴムボールを投げたり、バランスボール(私のダイエット目的で買ったやつ…)を狭い家中転がし歩いたり…。
家が手狭に感じるくらいアクティブに真似してました。笑
やったことない運動会の競技をここまで真似できるほど、内容がわかりやすいんだなぁと感心でした。

また、にぎやかな雰囲気をより感じさせる「あか勝てー!しろ勝てー!」という応援は、子供にヒットしてました。
お馴染みのキャラクターのほかにたくさんの動物が出てきたので、「(動物)さん、何してるの?」と尋ねるのが多かったのも印象的でした。

パオちゃんのうんどうかい 感想と口コミ

運動会のにぎやかな空気を感じさせる楽しい絵本でした!
パオちゃんシリーズはどれも楽しい雰囲気があって好きですが、運動会を題材にしたらよりパワーアップしたと思います。
大きな声を出したり、一生懸命競技に取り組む姿は子供の目にも輝いて見えるのかな?と感じました。

口コミを見たところ、「運動会への不安を持つ子供に楽しい雰囲気が伝わるのでは」という声もありました。
たしかに初めて運動会で不安な子もいますよね…。
まだうちの子供はちゃんとした運動会を経験していませんが、運動会を経験する前にもう一度読んであげたくなりました!

また、たくさんの動物が出てくることで、子供が見たことを真似しながら「(動物)さん、こんなんだったね」と話してくれるのが親としても楽しかったです。
子供でも知っている動物であることで、見たものを伝えてくれるコミュニケーションをとれるのは魅力的でした。

対象年齢が3・4歳~となっていますが、個人的にはもう少し小さい子でも理解しやすいお話だと思います。
運動会を知らなくても雰囲気だけで興味を持てる絵本なので、早いかも…と流すのはもったいないですよ!

ちなみに最後のお弁当のシーンを見た娘に、「お弁当が食べたくなった」言われてその日のお昼ご飯は急遽おにぎりを握りました。笑

楽しいハプニングもあり、大人も笑っちゃうくらい楽しい一冊です!
ぜひ皆さんもパオちゃんたちの楽しい運動会の様子を覗いてみてくださいね♪

パオちゃんのうんどうかい [ 仲川道子 ]

価格:748円
(2021/3/24 22:17時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA