こぐまちゃんのみずあそびはどんな内容?あらすじや作品情報、子供の反応(感想)も!【絵本】

こぐまちゃんのみずあそびはどんな内容?あらすじや作品情報、子供の反応(感想)も!【絵本】

こぐまちゃんシリーズと言えば、一度は見かけたことがある絵本なのではないでしょうか?
丸や四角等のシンプルな線で描かれているのに可愛くて癒されるキャラクターで、私も娘も大好きです!

今回はそんなこぐまちゃんシリーズの中から『こぐまちゃんのみずあそび』を紹介します。
子供が大好きな水遊びをテーマにした、作者のねらいや想いもこもった一冊です。
絵本のあらすじや作品についてはもちろん、娘が0歳の時から度々読んでいた本なので時期毎の反応も書きたいと思います。

ぜひ参考にしてください

こぐまちゃんのみずあそび 作品情報とあらすじ

作品情報

タイトル:こぐまちゃんのみずあそび
作者:わかやま けん、森 比左志、わだ よしおみ
初版:1971年11月20日
出版:こぐま社

対象年齢は、公式では0歳~3歳くらいと書かれていました。

こぐまちゃんシリーズの作者はわかやまけんさんが有名ですが、実は3人の集団制作だったんです。
わかやまさんはイラストを担当されていたから、表紙にお名前が書かれているんですね!
元々こぐま社という会社もこの3人が設立したそうで、恥ずかしながら調べるまで知りませんでした…。

あらすじ

じょうろに水をいっぱい入れて、花に水をあげるこぐまちゃん。
そのうちに色々なものに水をあげてみることにしました。

じょうろで遊んでいる途中で、お友達のしろくまちゃんがホースを持ってきて二人で水遊びをすることに。
楽しく遊んでいるうちに足元は大きな水たまりになって…。

こぐまちゃんのみずあそび 0歳から読んだ娘の反応を年齢別で紹介!

0歳

絵本自体は生後4ヶ月くらいから徐々に眺めるようにしていたのですが、『こぐまちゃんのみずあそび』を読んだのはおそらく6ヶ月ごろだったと思います。

この頃は本当に眺めるだけで、なんなら絵本を口に入れようとしていたくらいでした。
でも何度もこの絵本を選んでいたので、一緒にこぐまちゃんたちが遊ぶ姿を見ていたのを覚えています。
(絵本を見せる時に手が届くところに何冊か並べて選んでもらってました。笑)

0歳くらいの子供はあまり視力が発達していないため、コントラストの強い絵に興味を持つそうです。
この絵本も色が目立つように描かれているので、まだおすわり期の娘でも興味を持ちやすかったのではないかと思います。

その後、1歳にあがる少し前に水遊びをさせるのもかねてもう一度読んでいたようです。
初めての外での水遊びもじょうろを持って遊んでいた時に、「こぐまちゃんみたいだねー」と話しかけていた動画が残っていました。
とはいえ特別反応はなく…じょうろを振り回してました。笑

1歳

この絵本が水遊びがテーマなだけあって、読みたくなるのは暑くなってきた頃だったようで…。
1歳代も夏前に『こぐまちゃんのみずあそび』を読んでいました。
春先は世間的にも家にいるようにしていた時期だったので、6月の図書館が開いた時に借りてきた本の中の一冊でした。

読み終わった後、「おみず!」とおもちゃのじょうろを持ってきていました。
こぐまちゃんたちが水遊びをしているのを見て、一緒にやりたくなったのかもしれません。

それ以外にも公園の水路に葉っぱを落として遊ぶと、流れていくのを眺めたり…。
もの動きを観察している姿を見ていると、絵本でやっていたこぐまちゃんたちが葉っぱを水に落としていくのは興味深い実験だったのかなと思います。

お風呂でもこぐまちゃんの真似をして洗面器をかぶって遊ぶのを覚えたようで、よく洗面器を独占されていました。
でもシャワーに限らずお湯や水をかけるのは洗面器越しでもダメだったようです。

2歳6ヶ月の今…

久しぶりにこれ読んでと持ってきたので、読み聞かせることに。

こぐまちゃんが蟻に水をかけるページを見て、「アリさん、みんなうわぁーってしてる!」と大爆笑。
こぐまちゃんシリーズは最後のページに作者の狙いが書かれているのですが、この絵本は『いたずら』の大切さだそう。
それを見てなるほど、と思ってしまいました。

子供ってそういうイタズラがどんどん好きになりますよね。
蟻の巣の穴に砂入れたり…今思うとひどいことしてるなと思うのに、小さい頃ってそういうイタズラが楽しく感じるんです。
しかもイタズラって他の子やお兄さんお姉さんがやってるのを見るとわくわくしませんでしたか?

多分娘の頭の中でも、こぐまちゃんのやっているイタズラを見てわくわくしたのかなと思いました。
私もイタズラしているのを見るとついつい止めてしまいますが、この狙いをもう一度読んだ時にある程度なら見守るのも大事なのかなと少し反省でした…。

…まぁ蟻には申し訳ないですが…。

ちなみに娘の洗面器被りは絵本を読んでから再熱しました。笑
ただ今回はおもちゃのじょうろでお湯をかけるのは許可が出ましたよ!成長したね!

こぐまちゃんのみずあそび は長く読める絵本!

いかがでしたか?
成長とともに少しずつ反応も変わってくるので、最初は反応がなくても時とともに楽しみ方が変わる絵本だと思います!
また、大人も接し方の勉強になるので、ぜひ読んでみてくださいね!

こぐまちゃんのみずあそび (こぐまちゃんえほん) [ 若山憲 ]

価格:880円
(2021/3/27 21:59時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA